医院ブログ

入れ歯の良いところ

2019/05/15

◆近年の入れ歯事情

近年、入れ歯をする人が少なくなってきています。その理由は、様々なものが挙げられますが、その1つに、インプラントの技術が年々発展していることにあります。専門医院ができるほどにインプラントの技術が発展しており、今どの歯医者を訪れても入れ歯よりもインプラントを勧められることが多いと思います。かく言う当医院でも、インプラント治療を推奨しており、治療にも本格的に取り組ませていただいています。

 

◆入れ歯という選択をしない理由

歯医者の多くが推奨しているインプラントですが、これには理由があります。インプラント治療は基本的に保険診療が効かず、自費費用になりますので、歯医者自身が自由に価格帯を決めることができることにあります。歯医者によっては1本10万円のところから高ければ50万円といったインプラントが存在し、1本のインプラント治療が経営に貢献することは言うまでもありません。また、歯医者だからこそインプラントの良さを患者様にお伝えすることができますので、最初は入れ歯で良いと思っていた方でも、インプラントの説明を受けるとそちらの方が良いと思うようになり、入れ歯を選択しない患者様が増えているようです。インプラントの方が良いのは事実ですが、こういった歯医者の裏事情も今後の治療のために知っておいた方が良いかもしれません。当院では、上記のような費用で推奨するのではなく、患者様に合った人口義歯をきっちりとご提案しますので、安心してご来院ください。

 

◆入れ歯の良いところはあるのでしょうか?

先ほどからインプラントの方が良いとお伝えしてきましたが、実際にインプラントより入れ歯の方が優れている点はないのかという疑問が出てくるかと思います。歯の機能としてみるとどうしても劣ってはしまいますが、入れ歯にも優れている部分は存在しています。例えば、インプラントとは違い保険診療による治療ができる点が挙げられます。先ほども挙げましたようにインプラントは1本数十万もかかってしまいますが、総入れ歯の方は保険適用を行いますと1万円ほどでつくることができ費用をかなり抑えることができます。また、もしも何か不備が生じたときインプラントですと、再び外科手術を行わないと治すことができないのに対し、入れ歯ですと患者様に負担をかけずに簡単に修復することができます。このように、費用面や不備における修理の点から見ると入れ歯の方が良い部分があるのです。