医院ブログ

歯並びや噛み合わせが悪くなる原因について

2017/10/15

  • 画像1-1

歯並びや噛み合わせが悪いと、審美だけでなく、身体のその他の部分に悪影響を及ぼしてしまうことがあるため、歯列矯正など適切な治療が必要です。まずは、歯並びや噛み合わせが悪くなる原因について見ていきましょう。

歯並びや噛み合わせを意識されたことはありますか?

審美の観点から歯並びを気にされる方は多いかと思いますが、歯並びや歯の噛み合わせが悪いと、その他の身体の部分に良くない影響が出てしまう場合があります。

 

まず、歯並びや噛み合わせを悪くしてしまう原因について見ていきましょう。

一つ目は、虫歯が原因となる場合です。

虫歯菌によって歯が溶けたり、その治療によって歯を削ったりすることで、歯並びが悪くなります。それが噛み合わせにも影響してしまいます。

 

二つ目は、歯周病や歯の老化が原因となる場合です。

歯周病や歯の老化によって、歯の根元や歯茎が弱くなり、それが原因で歯並びが変わってしまい、噛み合わせにも影響してしまう場合があります。

 

三つ目は、遺伝が原因となる場合です。

生まれつき顎の関節が弱い方や、歯並びが悪い方、上顎より下顎のほうが前に出ている方は、歯並びや噛み合わせが悪くなりやすい傾向にあります。

 

四つ目は、幼少期の指しゃぶりや噛み癖が原因となる場合です。

このような癖が影響して、歯の生える向きが変わってしまい、噛み合わせにも影響を及ぼしてしまいます。

 

五つ目は、食習慣が原因となる場合です。

幼少期から柔らかいものばかり食べていると、顎の骨格が弱くなってしまい、その結果、噛み合わせも悪くなってしまいます。

 

このような原因によって悪くなった歯並びや噛み合わせをそのまま放置しておくと、顎関節症や肩こりなど身体の他の部分に症状が出てしまうことも少なくありません。

また、それが精神的な面にも悪影響を及ぼす場合もありますので注意が必要です。

歯列矯正をすることで歯並びだけでなく噛み合わせも改善できますので、このような症状が出る前に治療を受けられることをおすすめします。